POSTER PRINTER ST-1 (拡大機)

簡単!低コスト!インクもトナーも不要!

白馬村役場 様

ボランティアの方々への的確な説明や被災者、住民の方々への案内板として復旧復興をサポートする。

所在地:長野県北安曇郡白馬村大字北城7025
人 口:9,207人
長野県北西部北アルプスの麓に位置し、夏は登山冬はスキーと観光客が多く訪れる。また長野オリンピックの会場となった事でも有名。
平成26年11月22日M6.7の地震により村内202棟が全半壊するなど大きな被害が出た。現在早期の復旧復興を目指している。

こちらではボランティアセンターでポスタープリンターをご使用とのことですが、どういった用途でご使用いただきましたか?

まず、ボランティアスタッフの方々への説明会で活動マニュアルの拡大掲示に使用しました。またボランティア参加の方々に対しては日々の活動内容の案内掲示に使用しました。大判サイズの掲示だと説明する側もやり易く見る側も瞬時に理解できるのでおおいに役立ちましたね。他には被災者のお宅の状況を記載した地図を作る時当初はA4サイズの小さなものをはり合わせて掲示していましたが、ポスタープリンターST-1を使って直接A1サイズに拡大して使用しました。地図のはり合わせ作業は負担が大きかったので、はり合わせ作業をしなくてよくなったのは楽でしたね。

実際にご使用になっているスタッフの方々の評判はいかがだったでしょう?

当初大判の掲示物は模造紙に手書きしていましたので1枚を仕上げるのに結構時間がかかっていました。ポスタープリンターST-1ではA4原稿を簡単に大判サイズに出力できるので大変好評でした。また黒色や青色の白抜き文字で印刷する反転出力を使うととても目立つと驚いていました。

操作についてはいかがでしょう?

原稿をスキャナに差し込んでボタンを押すだけの簡単操作で、印刷スピードが速いのも好評でした。

現在はボランティアセンター内での掲示にとどまっていますが、白馬村では今後どういった用途にご使用をお考えですか?

災害関連では仮設住宅への案内掲示や、村の被災箇所(道路など)の案内に使用します。
その他ではふれあいセンターや高齢者施設で利用できそうですし、『住民ささえ合いマップ』の作成にも使用できそうですね。

浦安市社会福祉協議会 様

平常時にはイベントの看板や横断幕作成に。災害時にも素早い情報伝達に活躍。

地域福祉を推進するため、市内各支部社会福祉協議会の活動をはじめ、子育て世代の支援として「子育てサロン」の拡充、「健康寿命延伸」、「終活」をテーマとした事業展開、認知症カフェの開催や生活支援・介護予防の基盤整備、市民後見人の養成など地域で抱えている課題に全力で取り組んでいます。
また、災害ボランティアセンターを常設で設置し、地域住民の方々が安心・安全に暮らせるよういざというときに備えた活動も実施しています。

採用責任者様からのコメント

平常時だけでなく、災害時にも有効に活用できる点は大きな魅力です。 今後も幅広い用途で活用していきたいと思います。
(浦安市社会福祉協議会:佐久間様)

導入効果

災害ボランティアセンターの立ち上げ訓練にST-1を活用し、ボランティアセンター内の動線の案内や、市内の被害状況を仮定した地図などを簡単に素早く作成することができ、訓練の円滑な実施に役立ちました。
平常時に社会福祉協議会主催でイベントを開催する際も、これまであったA4原稿を貼り合わせる手間等が解消され、便利に使用できています。

社会福祉法人 墨田区社会福祉協議会

ボランティアの方々への的確な説明や被災者、住民の方々への案内板として復旧復興をサポートする。

墨田区社会福祉協議会は、墨田区民が住み慣れた地域で自立し、安心して生活できる地域社会を実現するために活動しています。しかし、少子高齢化や核家族化・単身化が進み、介護や支援、見守りが必要な方々が増えていく中で、社協がすべての地域課題の解決をすることは現実的には困難です。そこで、社協は地域福祉の推進役として「人と人とが助け合う」橋渡しの役割を担い、区民の方々と一緒になって地域全体で課題を解決して参ります。

採用責任者様からのコメント

災害時での活用を念頭に新規で導入しましたが、平常時のイベント(ボランティアまつり等)の看板作りでも活用しています。今まではA3のプリンターでの切貼りや、外注で立看板などを作ったりしていました。一回で大きな看板がプリント出来るのはいいですね。今後は以前ボランティアさんの手を借りて作成していた横断幕(7メートル)もST-1で作ってみようと思います。
(ボランティア担当:堀主任さま)

導入経緯

墨田区の主催で行われた「しょうがいをお持ちの方の避難所宿泊訓練」に参加した際、掲示物作成協力で参加していたST-1を見て、ぜひ導入したいと考えました。

採用ポイント

A4サイズの原稿さえあれば誰でも簡単に大きな掲示物を作れることに魅力を感じました。しょうがいをお持ちの方もそうでない方にとっても災害にあわれた場合、大きな掲示物は避難所においてとても有効だと思います。スタンドも併せて購入しましたがキャスターがついているので建物内の別の場所で使う時も、移動が楽なのはいいですね。災害に関する資材の導入が進んでいて今回ST-1もその一環で導入しました。

関連製品

お問い合わせ・資料請求

エム・ビー・エス株式会社 東京本社
〒104-0033
東京都中央区新川1-24-1 ユニゾ新川永代通りビル5F

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせは、各支店/営業所にお願いいたします。
支店・営業所電話番号一覧

ぺージトップへ